【報告】第3回 データビジネス創造コンテスト

慶應義塾大学 SFC研究所 データビジネス創造・ラボと株式会社ブレインパッドと共同で開催いたしました「第3回 データビジネス創造コンテスト」が2015年9月26日(土)に終了したことを、ご報告いたします。

第3回データビジネス創造コンテスト Digital Innovators Grand Prix (DIG) Consumer Insight
0926-20 のコピー 2http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/digci-20151019/


【最優秀賞】
0926-215 のコピー 2
迷いの分類を活用した効果的な販売アプローチの提案 大学生
慶應義塾大学
棚前行動のデータを活かし、迷う商品が多い少ない、時間が長い短いで4分割した。それぞれの迷い方から、購買率の高い商品を特徴のある商品として抽出した。それらの商品について、どのような属性の人に支持されているのか、また、その購買に至るまでの過程を検索を例にとって明らかにした。すると、棚前で迷っている人は商品を検索する際にも似たような迷いがあることが判明した。また、それぞれの属性の人が、CMをどれだけ観るのか、どんな時間帯に買い物をするのかを明らかにし、それに基づいた販売アプローチの手法を提案した。


【優秀賞】
購買タームを考慮したブランドスイッチングの要因分析とその施策 大学生
慶應義塾大学 理工学研究科 鈴木秀男研究室1年
【未来創造賞】
消費者セグメントを考慮した購買モデルの解明_大学院生
東京大学大学院新領域創成科学研究科 環境系 人間環境学専攻 割澤研究室 修士1年
【ブレインパッド賞】
DIGデータ解析コンペ報告書 大学生
慶應義塾大学理工学部管理工学科4年
【審査員特別賞】
高年代層向けシャンプー製品の売れるしくみと購買モデルの考察 大学生
静岡大学情報学部 情報科学科 湯浦研究室4年
【高校生賞】
データからみたシャンプーへの興味関心のメカニズム_高校生
熊本県立玉名高等学校 科学部 2年

0926-1 のコピー 2

0926-22 のコピー 2

0926-3 のコピー 2

 

※第4回 データビジネス創造コンテストはマイクロソフト様がビジネスパートナーとなります。