☆ 「第6回データビジネス創造コンテスト」~スポーツ×アナリティクスによる未来創造~ 参加者募集! ☆

この度 、慶應義塾大学SFC研究所データビジネス創造・ラボ(所在地:神奈川県藤沢市、所長:飯盛 義徳、ラボ代表:村井 純 以下 慶應SFC研究所)は、SAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:堀田 徹哉、以下SAS Institute Japan)の協力のもと、「第6回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 6〜 」(略称:DIG 6)を開催する運びとなりました。 本データビジネス創造コンテストは全国の高校から大学院に通う学生を対象としています。第6回は「スポーツ×アナリティクス」をテーマに、スポーツおよびスポーツ観戦に関わるデータを分析し、個人・団体・社会が活性化する施策を競うものです。

また、日本プロ野球およびJリーグ(J1)の試合ごとの選手パフォーマンスデータ(データスタジアム株式会社)やテレビ視聴データ(株式会社ビデオリサーチ)、SAS Institute Japanの統計解析ツールの提供も無償で受けることができます。そのデータとツールを利用して、スポーツが持つパワーを社会全体に届けるための具体的な施策を提案していただき、審査をします。 詳しくは、第6回データビジネス創造コンテスト公式ページをご覧ください。

公式ページ http://dmc-lab.sfc.keio.ac.jp/dig6/

※こちらのページから参加申し込みが可能です。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

<コンテストfacebook>

<コンテストtwitter >