第12回勉強会のご報告(2018.05.11)

 

 

 

 

 

 

 

第12回勉強会を5月11日(金)に開催いたしましたのでご報告いたします。

今回の勉強会では、横浜市経済局の三枝忠裕氏に「横浜経済の成長戦略について」ご講演いただきました。

横浜市では、東京への一極集中および人口構造の変化に伴う市全体の人口減少といった課題を抱えています。

これらの課題に対して、生産性を上げて市の経済を活性化するための横浜市の取り組み—グローバル企業の本社・研究拠点誘致や、上記課題に伴う人材不足の解決にアプローチする「I・ToP横浜」等—をご紹介いただきました。

「技術や、コンセプトは進んでいくけれども、一番大事なのは、それが地域に受け入れられること。」(同市三枝氏)

行政がテクノロジーの進展に合わせて、それらを受け入れるマインドや、法整備等をサポートすることの重要性を強調されていたのが印象的でした。

=============================

第12回データビジネス創造・ラボ勉強会

■日時

2018年5月11日(金)
18:00ー19:30

■場所

慶應義塾大学 三田キャンパス 研究室棟1F B会議室

■講義タイトル

「横浜経済の成長戦略について」

■講義担当者

横浜市経済局
成長戦略推進部長

三枝忠裕氏

■講師略歴

1987年4月 横浜市役所入庁

1995年4月 (公財)トヨタ財団派遣

2004年4月 外務省派遣

2010年4月 横浜市役所政策局国際政策課長

2017年4月 横浜市役所経済局成長戦略推進部長

=============================

 

次回第13回勉強会は7月13日(金)開催予定です。
詳細は追ってご案内いたしますので、次回も奮ってご参加ください。