ラボとコンソーシアム

• SFC研究所における「ラボラトリ(ラボ)」とは

SFC研究所では2001年から、先端的研究ミッションを持つ研究グループである 「ラボラトリ(ラボ)」を設けています。ラボは同じ研究テーマを持つSFC研究所 内の研究者により、横断的・融合的に構成された組織であり、研究ミッションの特 定により、各ラボの研究活動目標、研究対象、活動領域をより明らかにし、国内外 の民間企業や研究所、国、地方自治体、他大学などとの研究交流を促進することを 目的としています。実際に、SFC研究所における「SFC研究コンソーシアム」や 「受託研究・共同研究」が、ラボに属する複数の研究者により実施されるケースも 増えています。現在、実施されているSFC研究所における委託/共同研究も個々の ラボと実施することが可能です。

• SFC研究所における「コンソーシアム」とは

SFC研究コンソーシアムは、SFC研究所と複数の外部機関によって実施される共 同研究の一種であり、その特徴は、大学が中心となって研究テーマを設定し、企業 や国・地方自治体など外部機関に共同研究の実施を呼びかけ、「相互利益」を前提 に大規模な課題に領域を超えて取り組む点にあります。その結果、従来の一対一の 共同研究に比べ、広範囲に渡る総合的な研究を推進することが可能です。

大学の自立性、研究者の対等性、研究成果の公開・知的所有権共有の原則が、SFC研究コンソーシアムの特徴となっています。

SFC研究所Webページより抜粋