《第5回コンテスト》 ~訪日外国人データを活用して地元を盛り上げよう!~

【第5回 データビジネス創造コンテスト 開催のご案内】

慶應義塾大学SFC研究所データビジネス創造・ラボ(所在地:神奈川県藤沢市、所長:飯盛 義徳、ラボ代表:村井 純 以下 慶應SFC研究所)は、アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 江川 昌史、以下 アクセンチュア)の協力のもと、「第5回 データビジネス創造コンテスト ~Digital Innovators Grand Prix 5 」(略称:DIG 5)を開催いたします。

本データビジネス創造コンテストは全国の高校から大学院に通う学生を対象として、「地方創生・地域活性化」をテーマに、急増する訪日外国人の動きを分析して、地域への誘客や消費を促進させる施策を競うものです。本コンテストは、予選、本選の2段階形式となっており、予選では自治体が公開しているオープンデータ等の情報を学生自ら収集・分析し、急増する訪日外国人の動態や、当該自治体が抱える課題を把握した上で、訪日外国人の誘客、もしくは消費促進のアイデアを提案してもらいます。本選では、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する、訪日外国人の位置情報を可視化し、かつ訪日外国人に対して直接情報配信が可能なサービス”TRAVEL JAPAN Wi-Fi”等を使用し、自らの誘客や消費促進施策を実際に実行し、その結果を審査します。
文系・理系を問わず、高校生から大学院生まで幅広い学生の皆さんを対象にしています。
ぜひチャレンジしてください。
皆様の応募をお待ちしております!
詳細は下記の【第5回コンテストのWebサイト】をご覧ください。
        ⬇️
⭐️【第5回コンテスト Webサイト】

 

【第5回コンテスト FB】

【第5回コンテスト Twitter】

 

《問い合わせ先》
慶応義塾大学 SFC研究所 データビジネス創造・ラボ事務局
e-mail: dig-info@sfc.keio.ac.jp