第15回勉強会のご報告(2019.1.11)

第15回勉強会を1月11日(金)に開催いたしましたのでご報告いたします。

今回の勉強会は、NECソリューションイノベータ兼慶應義塾大学特任教授の島津先生をお招きし、「農業ICTの現状と農業データ連携基盤WAGRIへの期待」と題し、日本のスマート農業の現状・課題や、農業データ連携基盤WAGRIについて、大変興味深いお話をお聞きできました。情報交換会も大変盛り上がりました。島津先生、ありがとうございました。

==<概要>========================
日時:2019年1月11日(金) 18:00-19:30 勉強会  19:30- 情報交換会

場所:<勉強会>慶應義塾大学 三田キャンパス 研究室棟1F A会議室
地図:https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html
<情報交換会>バリーズ

参加対象者:コンソーシアム会員
学生(他大学も可)
会員のご紹介者様

=============================
■講義タイトル
「農業ICTの現状と農業データ連携基盤WAGRIへの期待」

■講義内容
日本の農業の状況を概説します。他の先進国の農業との比較を行い、日本農業
の強化に向けた施策を紹介します。スマート農業の成果事例と課題を説明しま
す。次に、農業分野における付加価値向上の施策と現実、将来への課題を紹介
します。最後に、データ駆動型農業を実現するデータ連携基盤WAGRIの紹介を
します。また、それに対する期待について述べます。

■講師
NECソリューションイノベータ株式会社 主席アドバイザー 兼
慶応義塾大学 特任教授
島津 秀雄氏

■講師略歴
専門は、 インテリジェトロボット、情報セキュリティ、農業分野へのICT適用
の応用研究等。ソフトウェア開発や機器製造に携わる大企業とコンソーシアム
を形成し、農業の産地の力を底上げするためのICTを国内各地で実証している。

=============================

次回は5月実施の予定です。