**「スマートファクトリーの未来」シンポジウム開催(2020.1.24)**

平素より当コンソーシアムの活動にご協力いただきありがとうございます。

この度、横浜市経済局様と当ラボの協働事業として実施しております「『I□TOP横浜』データ活用リーダー養成講座」の一環として、「スマートファクトリーの未来」をテーマとしてシンポジウムと体験講座を実施することになりました。その第1弾として、「スマートファクトリーの未来」シンポジウムを1月24日(金)に開催いたしました。

なお引き続き、
1/31(金)18:00~20:00 データサイエンス講座
2/10(月)18:00~20:00 IoTデバイス講座
2/21(金)18:00~20:00 ケースディスカッション
を開催予定です。まだ空席がございますので、ぜひご興味のある方は下記サイトよりお申込みください。

<シンポジウム・体験講座のWebサイト>https://www.itop-sf2020.com/

◎シンポジウム概要◎

日時:2020年1月24日(金) 18:00~20:00

場所:YOXO BOX(よくぞボックス)

「スマートファクトリー」 「ファクトリー4.0」など様々な未来の製造業の表現がありますが、それらとは一体製造業のどのような姿を指すのでしょうか?また何故、工場は「スマート」である必要があるのでしょうか?概念/技術の潮流を第一人者が最新の知見を基にお話いただきました。

<タイムスケジュール>

・18:00 開会ご挨拶 横浜市経済局 成長戦略推進部 新産業創造課 髙木秀昭課長

 

18:00~ 「製造業の今後の潮流について」

公益財団法人 横浜企業経営支援財団 横浜ものづくりコーディネーター、技術アドバイザー 山崎隆氏

18:40~「スマートファクトリーを実現する人材の育成」

SFC研究所所員 / ファブラボ浜松テイクスペース運営 竹村真郷氏

19:20~「スマートファクトリー化の課題」

慶應義塾大学環境情報学部 植原啓介准教授

お忙しい中、足をお運びいただいた皆様、誠にありがとうございました。